英語はコミュニケーションツールの一つ

教育というものに関して論じること、これはかなり難しいものがあり、胸を張ってこうだとは言えないのだけれど、いくら教育の素人といっても、一つだけ確実に言えることがあります。
それは語学に関してです。
これまで英語の教科というものは、中学校、高校、そして大学と、実に10年もの長き年月をかけて勉強してきたにも関わらず、実際のコミュニケーションではほとんど使いものにならないという事実があります。
これは取りも直さず、日本の学校英語のあり方に問題の根元があると言えますね。
確かに最近では学校でもネイティブスピーカーの講師による授業が行われているところもあります。
でも、それは一部の学校だけなのですね。
日本の大学生たちは難しい英文法を論じることはできるのかもしれませんが、肝心のコミュニケーションがとれなければ意味がありません。
あくまでも英語はコミュニケーションツールの一つなのですから。
日本の企業も今はかなり海外との関わりを積極的に作っています。
海外進出もあたりまえで、もしも自分が就職した会社の中で、直属の上司が外国人だったら、これは否が応でも英語でコミュニケーションをとるしかありません。
これは現実に起こり得ることなのですね。