学校の先生の無駄話はためになる

昔から、学校の先生は教科にちなんだ話や先生自身の体験談など、授業からは横道にそれた話をしてくれることがあります。
そういうときは、特別な喜びを子ども達は感じるものです。
それは、普段の授業に魅力がないから、つまらないからということではありません。
本来、子ども達は知的な好奇心の塊のような生き物です。
多くの知識を吸収し、様々な体験をして、身も心も大きく成長していきます。
そんなときに、先生から貴重な話を聞けるわけです。
それは、教科書にもなく、先生の経験や読書暦などから来る特別の内容です。
目を輝かせて聞く子ども達に、先生自身も得意になって語ります。
話した後も、先生を囲んで子ども達が輪になり関連する話を先生にあびせます。
このような時間が、普段の学校生活の中に少しはあってもいいと考えます。
それは、一服の清涼剤、強力な栄養剤のように、子ども達の心に響き、生涯忘れられない思い出となる可能性もあります。
先人が後輩に経験談を語ることは大変教育的なことです。

いざ料理の世界へ
あなたに料理の道を与える織田専門学校です

アナタの創造性はここから広がる

就活前に免許を取得しませんか?